大きいうつ状態に一度なると繰り返すの??

どうもこんにちは、普通のサラリーマンの恐竜です。

僕はずっと悩んでいることがあります。

それは、学生時代に大きな鬱状態になって以来、鬱になりやすくなったのではないかということです。

それは果たして、僕がもともと鬱になりやすい性格で、ストレス耐性がないだけなのか?それとも、一度鬱になってしまったがゆえに、免疫が弱くなってうつ状態になりやすくなったのか??

あの時鬱にならなければ、繰り返すことなかったのではないかと日々思います。

一度目は学生時代、体育会部活で部長を務めていたときでした。部長としてのプレッシャー、チームをどう強くしていこうかと考えることは最初は楽しく感じました。しかしながら、途中から私の練習メニューが悪いのか、試合では負けまくり、反省会では毎回部員に責められました。その結果、自分に自信がなくなり、物事に興味はなくなり、体重は落ちて毎日死にたいと思うようになりました。いわゆる鬱状態ですね。。この状態になってしまってはもう部長の仕事なんて全うすることができません。コミュニケーション能力は落ち、人を避け、判断力も落ちていきます。その結果、練習に活気はなくなり、部員の士気も落ちて人間関係ドロドロになってゆきます。あの時、大学のカウンセラーに相談して、「それだったら辞めたらいいんじゃないか」と言われたことでほっとしました。やめてもいいんだと、ここで何が言いたいのかというと時には逃げてもいいときもある。ということです。そのあと二か月ぐらいはどうしようもない不安がおしよせてきたが、時間が解決してくれてなんとか大学を卒業することができました。

二度目は大学院時代、新規テーマの立ち上げということで、なにも引き継ぎなしでゼロから研究を始めました。新しいことにチャレンジするのは結構好きだったのですが、上司があまりにもパワハラがすごいのです。私自身は怒鳴られたことはないのですが、先輩が何度も週例報告会で怒鳴られているところを見ました。それを何度も目撃したせいか、自分もそうなるのではないかという恐怖心から毎日が不安になりました。研究結果を相談に行くときも怒鳴られるのではないか?結局は一度もそんなことはなく僕は虚像にびくびくしていたようです。その虚像が土日も現れるようになり、気が付けばうつ状態になりました。集中力は下がり、やらなければいけない仕事もやらず、メールを見ているフリして時間をつぶす、体が研究を拒否するのです。甘えだったのかはわかりませんが、明らかに楽しむことができなくなりました。結局、体の限界を感じ教員と話し合い、一か月休学をし、担当教員を代えてもらうことで鬱は回復しました。就活もとてもやる気にはなりませんでしたが、だれでもはいれるような中小企業には何とか内定をもらい卒業することができました。

 

三度目はサラリーマン二年目です。研修が終わりこれから研究テーマを持ちバリバリやっていくぞという矢先にまた鬱になりました。確かに上司はよく怒るタイプではあるが理不尽なことはゆっていない。むしろまともで有能な上司です。確かに職場の中ではしんどい研究チームに配属されたとは思いますが、ネットで見るようなブラック企業勤めで鬱になるような人に比べると自分なんて、彼女もいて、5:30には帰って自由な時間をとれる恵まれた環境でした。なのに、なぜまた鬱に、、、これは学生時代に大きな鬱になったがゆえに、鬱になりやすくなっているのか、、鬱に入るスイッチが重さが軽くなっているのではないのか???いつもそう思っています。その後結局、一か月休職して、総務部へ異動することで回復することができました。回復はするものの、また突然現れる鬱、、この先も不安で仕方がないがみんなはどのような気持ちでいきているのか、、、人生楽しんでいる人がうらやましい。いつか自分も誇らしい人生であったといえるように何かを成し遂げよう。その夢が何なのかまだ分からない。わからないからこうやってがむしゃらにブログを書いて何がしたいのか整理している。絶対幸せになってやる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です